当店の納車前整備の概要


すでにご存知の方も多いと思いますが、古いホンダ車の純正補修部品の生産中止・供給中止の状況は日を追うごとに悪化しており、国産メーカーの中でもかなり悪い状況にあると思います。このような状況ゆえ、ホンダディーラー様においても修理ができず、整備や車検の依頼をしても断られるケースもここ数年頻発しております。

昨今このような状況でありながら、通常の高年式中古車同様の消耗品交換プラスアルファ程度の整備内容で、とにかくお客様のご予算に合わせることを最優先にして販売納車されている販売店が大半なのは仕方ないのですが現実かと思います。整備の重要性や部品確保の現実など、なにもわからないお客様ならば、そのほうが安価な予算にて憧れの旧車を入手できるわけですし、ご予算に合わせて受注すれば成約率も上がりますのでお客様の観点でも販売店からの観点でみてもそのほうがお互い良いわけです。ただ、入手することが本当の目的なのでしょうか?違うと思いませんか?入手し憧れの旧車をなるべくトラブルも少なく楽しく乗れて思い入れのある1台と楽しく末永く過ごすことこそが重要かと思うのです。入手したけれどマトモに動かせなければ「ただの鉄の塊」に過ぎないと思います。

今後も貴重な産業遺産でもある古い車には1台でも多く残ってほしい、21世紀も走り続けてほしい、との考えから、勿論売り上げも大切なのは当店も商売ですから他店様と同様なのではありますが、しかしながら敢えて乗り出し価格が他店様より整備ボリュームの上昇した部分が高額になってしまい成約率の落ちることは覚悟の上での,お客様のご予算内にてのできるかぎりの入念な予防整備を含む納車前整備をしてお渡しすることを基本方針としております。

部品供給もままならない状況下ではありますが、専門店ならではの他店様では中々真似できない絶版新品部品を駆使した修理・整備・各部オーバーホールを行って納車しております。当店で中心的に扱うホンダ プレリュードは製造中止後新しいモデルでさえも26年以上は経過しており、末永くお客様に安心してお乗りいただくことを考えると法定点検部位の点検+油脂類などの消耗品やタイミングベルトの交換程度の整備内容で「安心です」などとはとても言えないと思っております。現状渡しや最低限の整備でのお渡しも全く受付しないわけではありませんが、経過年数を考えれば納車後に故障が頻発し部品の入手の困難さにも直面することと思いますのでお薦めはいたしません。どうしても、ということであれば 現状渡し もいたしますが、納車後に必要な補修部品のみの送付や他店で修理後にどうにもならず当方への入庫、というのはトラブル防止の観点からお断りをさせていただきますことご容赦ください。

●参考のため、当店の取扱い車種の中心である 2nd&3rd generation HONDA PRELUDE  の納車前の予防整備をすべて行った場合の概要を以下に明記しておきますのでご参照ください。

参考までにですが、以下の内容をすべて施工するとなると概ね100万円~くらい にはなってしまいます。内容を御覧いただければ割安だと思っていただけると思います。もちろん100万円かけなければ!とは申しません。また、誤解なきようお願いしたいのですが、いくらお金をかけからといって新車にはなりません。お客様各々ご予算は当然あるわけですから、提案する整備内容の中からひとりひとり、1台1台に最適なご予算に合わせた整備内容をチョイスしていただければと思います。お打合せご相談はお気軽にどうぞ。

● 車検基本点検+下回り洗浄・下回り防錆塗料塗布にプラスして・・・

基本的にすべて新品部品を使っております。

車両コンディションや今後の乗り方などにより以下の整備内容もケースバイケースで変更はございます。

  • エンジンオイル交換 オイルフィルター交換
  • オートマチックオイル(ATF)交換
  • ブレーキオイル交換
  • 冷却水LLC交換
  • 電動ファンスイッチ交換(故障していた場合)
  • ラジエターキャップ交換
  • ラジエター本体オーバーホールもしくは新品交換
  • ラジエターホース上下・ヒーターホース交換
  • エアクリーナーエレメント交換
  • バッテリー交換
  • プラグ交換
  • プラグコード交換
  • タイミングベルト交換
  • ベルトテンショナー交換
  • カムシャフトオイルシール交換
  • クランクシャフトフロント&リアオイルシール交換
  • ウォーターポンプ交換
  • タペットシーリングワッシャー交換
  • バルブカバーガスケット交換
  • キャブレター分解清掃調整もしくは完全オーバーホール(キャブ車で調子が出ていない個体の場合)
  • スロットルボディ清掃
  • 燃料タンクを割っての錆取りなどタンクフルリペア(ご要望の方のみ)
  • エンジンヘッドガスケット交換およびヘッドオーバーホール(必要な距離・コンディションの場合)
  • マニュアルミッション クラッチディスク交換(MT車で交換要の個体の場合)
  • ミッション レリーズベアリング・オイルシール交換(MT車で交換要の個体の場合)
  • クラッチマスターシリンダーのオーバーホール
  • メインリレー交換
  • 燃料ポンプ新品交換
  • 燃料フィルタ交換
  • オルタネーターオーバーホール
  • セルモーターオーバーホール
  • パワーステアリングギアボックス脱着・オーバーホール
  • パワステホース交換
  • パワステポンプオーバーホール
  • パワステフルード交換
  • エアコン  コンプレッサーのオーバーホール
  • クーラーガス入れ替え
  • クーラーコントロールユニットの交換もしくは現物修理
  • フロントドライブシャフトアウターブーツ左右交換
  • フロントドライブシャフトインナーブーツ左右交換
  • タイロッドエンドブーツ交換
  • フロントスタビライザーブッシュ交換
  • リアアッパーボールジョイントダストブーツ交換
  • リアロアボールジョイントブーツ交換
  • リアスタビライザーブッシュ交換
  • デストリビューターオイルシール交換
  • リアマフラー・ガスケット新品交換
  • リアマフラー新品交換
  • フロントワイパーゴム左右交換 リアワイパーゴム交換
  • ブレーキ プロポ―ショニングバルブASSY交換
  • ブレーキマスターシリンダーオーバーホール
  • フロントディスクブレーキ キャリパーオーバーホール左右
  • フロント&リア ディスクブレーキ パッド交換
  • リアブレーキ ディスクキャリパーオーバーホール左右
  • リアブレーキホイールシリンダーオーバーホール(ドラム式の車両の場合)
  • 前後ブレーキローター新品交換
  • フロントブレーキホース交換左右 リアブレーキホース交換左右
  • フロントアッパーボールジョイントブーツ交換 フロントロアボールジョイントブーツ交換
  • 前後ショックアブソーバー新品交換
  • エンジンマウント交換
  • ALBユニットオイルエア抜き(ALB付車両の場合・ALB警告灯点灯車の場合)
  • ALBリレー交換(ALB付車両の場合・ALB警告灯点灯車の場合)
  • ALBホース交換(ALB付車両の場合・ALB警告灯点灯車の場合)
  • その他、整備交換が必要な部位があればケースバイケースで。

個体ごとのコンディションの差やお客様のご予算ご要望により整備箇所は変わりますが、すべて納得いくレベルまでの内容となると概ね上記のような感じの整備内容になります。前述の整備は基本的にすべて新品部品を使用しております。

(注1)限りある補修部品な状況ゆえに、部品のみの販売・お手配は個人様・同業者様含めて一切承っておりません。技術的なご質問へも回答はいたしません。

(注2)販売後にお客様のリクエストにより修理や部品交換のご依頼をいただく場合、遠方においてもすべて陸送にて当店へ車両の持ち込みいただくことが条件になります。部品だけの送付や他にて修理後にどうにもならずのご入庫車は各種トラブルのもとになるため一切対応はいたしません。

(注3)以上の整備を施工したからと言って100%絶対のノントラブルであり続ける、新車になる、ということは古い機械製品なのですからありえません。どんなにお金をかけたからといって新車と同じにはなりません。新車でさえ初期不良など発生するぐらいですし、自動車を構成している部品をすべて新品に交換するわけではないわけですから当然と言えば当然です。このあたりの意味をよくご理解ください。故障とも仲良く付き合える心の寛容さ、時間をかけて少しでも完璧に近い状態に仕上げていく、ということが旧車を所有し楽しむには絶対に必要だと思っています。

(注4)整備でのお預かり期間は1~2か月~という感じでお時間はかかります。新しい車のような短期間での整備預かりは不可能です。


オリジナルコンディションのネオクラシック車専門店